さいたま市の塗装&リフォーム会社のブログ 健康建物スタッフ日誌
暴れる5歳児と2歳児と居心地の良いインテリア。両立させるべくがんばるかーちゃんの記録。


このブログをご覧の皆様へ
お立ち寄りくださいましてありがとうございます。
こちらは、さいたま市にある塗装会社「健康建物/アレス(有)」に勤務するスタッフ個人のブログです。
埼玉県さいたま市及び蕨市・川口市・上尾市・富士見市・朝霞市で外壁塗装をお考えの方、雨漏り補修やリフォーム等、住宅塗装・各種塗替え工事に関するお問い合わせは、「健康建物のホームページ」へご連絡くださいね。地元だからできる決め細やかな対応と誠実な施工で、精一杯心をこめて健康な住まい作りをお手伝いします。お問い合わせをお待ちしてます♪

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さいたま市 リフォーム 外壁塗装 1夏の昼食メニューの定番、冷し中華。

麺の上に乗せる具材は、きゅうり、焼豚やハム、錦糸卵、ワカメ、トマト・・。
冷蔵庫の残り物の整理にもなり、時によってはかなり豪華な冷し中華になることも(笑)

それぞれの具材を千切りに刻んでいると、いつも思い出してしまう、とある出来事があります。
悔しいような恥ずかしいような泣きたくなるような・・忘れたくて心の奥底にずっとしまいこんでいたけれど、冷し中華を作るたびについ思い出してしまいます。
それは・・。
大学を卒業して入社した会社でのこと。とあるレストランのメニューを開発する部署にいた私。主にはパソコンの前での仕事でしたが、たまに料理の試作や開発をする場所に行くことがありました。下っ端だった私は、夏を前にしたある日、突然にその日の昼のみんなのまかないの食事を作るように言い渡されました。
何を作ろうか、十数人分作らなくちゃいけないのだけどお昼までの時間と、私が無難に作れることのできるレパートリーが頭の中で巡りに巡り。結局メインに鶏と大根の中華風の煮込みのようなもの、そしてサラダ的なものとしてパンサンスウ(漢字で書くと涼伴三絲、らしい)を作りました。
なんとか人数分を時間に間に合わせ、盛り付けて用意をしたところまでは良かったのですが・・。
別の部署でたまたまそこに居た男性が涼伴三絲を見て「なんだ、冷し中華の上の具材じゃん」とボソッとつぶやいたのです。

がーーーーーん

そうだ、そう言われてみれば冷し中華の上の具材だわ。
うちのレストランのメニューを扱っている人たちにとっては、夏に販売する冷し中華はその時期にはイヤでも見飽きてしまっているメニュー。
確かにうちの会社の人達からしたら、涼伴三絲なんて・・。ああ・・。
なんてアホなもの作ったんだろう・・。

その時の恥ずかしさは、それから十数年経った今でも忘れられません。
毎年毎年、冷し中華を作るシーズンになると思い出し、よりリアルに鮮明になっている気もします(笑)

それ以来、一度も涼伴三絲は作っていません・・。


 ★上の写真は、麺が見えなくなるくらい具材を乗っけた冷し中華でも、
  涼伴三絲でもありません。
  冷し中華の具材を盛り合わせて準備しておいた状態です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenkoutatemono.blog34.fc2.com/tb.php/149-10e43904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。