さいたま市の塗装&リフォーム会社のブログ 健康建物スタッフ日誌
暴れる5歳児と2歳児と居心地の良いインテリア。両立させるべくがんばるかーちゃんの記録。


このブログをご覧の皆様へ
お立ち寄りくださいましてありがとうございます。
こちらは、さいたま市にある塗装会社「健康建物/アレス(有)」に勤務するスタッフ個人のブログです。
埼玉県さいたま市及び蕨市・川口市・上尾市・富士見市・朝霞市で外壁塗装をお考えの方、雨漏り補修やリフォーム等、住宅塗装・各種塗替え工事に関するお問い合わせは、「健康建物のホームページ」へご連絡くださいね。地元だからできる決め細やかな対応と誠実な施工で、精一杯心をこめて健康な住まい作りをお手伝いします。お問い合わせをお待ちしてます♪

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
床材を、従来一般的に使われている合板フローリング材ではなく「無垢材」を使うにあたって、よく心配されることに「傷が付きやすそう」ということがあるようです。
確かにウレタンやUV塗装などでしっかりコーティングされたフローリングはとても硬く、普通に暮らしている分には全然傷はつかないのが利点です。

  ・・・そんな事、耳にタコができる程聞いて知っている。

じゃあ無垢フローリングの傷って、どんな感じ?
そんなに傷付きやすいの?
何かこぼしたらシミとかできちゃうの?
お手入れは大変?

などなど、さまざまな不安や疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
でもネットを色々見てみても、施工した直後の写真や感想はあっても、実際に住んでからの感想や「こんなに傷付いちゃった」「これは予想外だった・・」というようなマイナスの記事は書かれていません。

ホントに知りたいのは、コピーライターがデスクで書き連ねた文章ではなく、実際のところどうなんだ、というナマの声ではないでしょうか。
というわけで、お答えします。
■そんなに傷付きやすいの?

木の種類によって違います。
一般的に針葉樹(松、杉、ヒノキなど)の方が広葉樹(ナラ、カバ、メープルなど)より軟質な傾向にあります。うちで浸かっているのはパインですから針葉樹。柔らかく足触りがよく暖かいという利点の背中合わせに、柔らかくて傷付きやすい床材の代表でもあります。
というわけで、うちの床は、確かに傷付きやすいです^^;
ホームセンターなどで木材コーナーで板を触ったことがある方ならおわかりかと思いますが、爪を立てて強くひっかいただけで細かい傷となって残ります。
また、テーブルからテレビのリモコンの角を下にして落としたら、ちょっと深めの傷となって残ります。でも、もともと節や木目がたくさんある木ですから、ちょっとやそっとの傷が付いても醜い感じではないと思います。

■無垢フローリングの傷って、どんな感じ? そんなに傷付きやすいの?

論より証拠。うちの傷をご覧ください。
さいたま市 無垢フローリング リフォーム パイン材 3←上から物を落としたら、こんな感じで傷がつきます。

さいたま市 無垢フローリング リフォーム パイン材 4
←こまかい擦り傷も見えますでしょうか?最初に物を落として傷が付いた時は「しまったー!」とあせり、その傷ばかり気にしてしまい、その為か目立った傷のように思えましたが、生活していくうちに他の部分もいろいろ傷付くので、そのうち全然気にならなくなりました(笑)

さいたま市 無垢フローリング リフォーム パイン材 2
←うちには遊び盛りの仔犬がいて、こんなふうに硬い骨のおやつをガリガリかじるので、どうしても無数の細かい傷がついちゃうんですよね。


■何かこぼしたらシミとかできちゃうの?

オスモの自然塗料のワックスをかけてありますから、見た目や触った感じでは「木そのもの」ですが、しっかり水をはじいてくれます。
さいたま市 無垢フローリング 珪藻土 リフォーム ←以前の記事でもご紹介しましたが、こんな感じでこぼしちゃった汚水もプルプルでした(^^)
ですから、何かこぼしても、すぐにふき取れば全然シミにもなりません。
ただし、うちの仔犬が粗相をした時、気付かず一晩ほど水溜りができていた時は、ふき取った後が少し残ってしまいました。 でも光の反射によって若干シミが見えるかなあ・・程度のシミです。おしっこは強いんですよね^^; ま、おしっこでとけちゃうのはウレタン塗装でも同じなんですけど。


■お手入れは大変?

さいたま市 無垢フローリング リフォーム パイン材 1自然塗装仕上げの無垢フローリングの場合、水拭きではなく、掃除機&乾拭きが基本です。汚れた部分だけ水拭きするにとどめるのが良いようですが、うちは仔犬の粗相のおかげで、かなりの頻度で水拭きをしていました。だからと言って、即、床が痛んでしまったりという事はありません。
←そんな感じで半年生活して、こんな状態です。

まあ、2年後あたりには専用の自然塗料がけをしようと思っていますが、それが少し早まるかもしれないですね。
カラッと晴れた日に水拭きした後の足の裏の感触は、ホントいいものです。あ、水拭きはあまりしちゃいけないんですけど・・私はあまり神経質には考えていません。
(頻繁な水拭きは表面にひび割れができる原因にもなるそうです。)

まだ半年ですので、南向きのこの部屋でもあまり色は変わっていませんが、もう少し時が経って、飴色に変化していくのが楽しみです。


いかがでしょうか?
何か参考になれば幸いです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenkoutatemono.blog34.fc2.com/tb.php/156-fc7c1b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。