さいたま市の塗装&リフォーム会社のブログ 健康建物スタッフ日誌
暴れる5歳児と2歳児と居心地の良いインテリア。両立させるべくがんばるかーちゃんの記録。


このブログをご覧の皆様へ
お立ち寄りくださいましてありがとうございます。
こちらは、さいたま市にある塗装会社「健康建物/アレス(有)」に勤務するスタッフ個人のブログです。
埼玉県さいたま市及び蕨市・川口市・上尾市・富士見市・朝霞市で外壁塗装をお考えの方、雨漏り補修やリフォーム等、住宅塗装・各種塗替え工事に関するお問い合わせは、「健康建物のホームページ」へご連絡くださいね。地元だからできる決め細やかな対応と誠実な施工で、精一杯心をこめて健康な住まい作りをお手伝いします。お問い合わせをお待ちしてます♪

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここのところずっとお天気もよく、気分も良く地域のお客様のお宅へニュースレターをポスティングさせていただいております。

ポスティングをしていると、いろいろ楽しい事や新たな発見、考えさせられる事など、いろいろありますね。
そういえば、今日、私共の健康建物の近くの、最近できたばかりの橋を渡っていた時のこと。
向こうからお母さんが幼稚園か小学校低学年くらいの小さな男の子の手をひいて歩いてきました。橋にさしかかったあたりで、男の子がお母さんに「これ何て読むの?」と聞いています。
そこには「竣工平成17年○月」と彫られたものがあります。
お母さんはゆっくりと
『しゅこう、へいせいじゅうななねん・・』と教えていました。

私たちの業種では『竣工』という言葉は日常よく使います。当たり前に使って、当たり前に誰でも知っている言葉と思っていましたが、そうでもないのですよね。
自分たちは当たり前と思っていても、他人にはそうではない、ということは、普段気付いていなくても多々あります。
言葉遣いだけでなく、育った土地柄からくる習慣・風習などもありますし、年代によって「常識」「非常識」の境界が違っていたりもしますよね。

なーんてことを思い巡らしながら、自分の仕事に置き換えると、普段お客様に提出する資料ひとつから言葉遣い、対応など、もっと丁寧に気を遣っていかなければならないな、と改めて感じさせられた出来事でした。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenkoutatemono.blog34.fc2.com/tb.php/17-325b3ff8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 こんばんは、花田です。 みなさん、ポスティングってやったことありますか? 花田は学生時代にアルバイトでやったことがあるんですが・・・・ あれって、傍で見るほど楽じゃありませんね(笑)  花田がやったのは企業向けフリーペーパーのポスティングです。
2005/12/03(土) 18:37:09 | 行政書士エンタテイメント!! 花田好久の年収10倍700日プラン。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。