さいたま市の塗装&リフォーム会社のブログ 健康建物スタッフ日誌
暴れる5歳児と2歳児と居心地の良いインテリア。両立させるべくがんばるかーちゃんの記録。


このブログをご覧の皆様へ
お立ち寄りくださいましてありがとうございます。
こちらは、さいたま市にある塗装会社「健康建物/アレス(有)」に勤務するスタッフ個人のブログです。
埼玉県さいたま市及び蕨市・川口市・上尾市・富士見市・朝霞市で外壁塗装をお考えの方、雨漏り補修やリフォーム等、住宅塗装・各種塗替え工事に関するお問い合わせは、「健康建物のホームページ」へご連絡くださいね。地元だからできる決め細やかな対応と誠実な施工で、精一杯心をこめて健康な住まい作りをお手伝いします。お問い合わせをお待ちしてます♪

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の風物詩・・・なんて言い方はしないのでしょうが、この時期私達が生活する上で切っても切り離せない、イヤでも気になる『蚊』。
日中、停めておいた車に乗り込むと、すごい熱気にたまらず前後のドアを開け放して空気の入れ替えをしたら、蚊まで入ってきてしまって何箇ヶ所もかまれてしまった、ということを懲りないで繰り返しております。

・・と、ここまでの文章で、何か違和感を感じませんか?
感じないあなたは、たぶん関東にお住まいの方ではないでしょうか。

私の生まれ育った地域では、蚊に血を吸われてしまうことを『蚊にかまれる』と言います。
関東にきて数年たった夏のある日、6人の友人と話をして、全国共通と思っていた『蚊にかまれる』が方言、少なくとも関東では使われていないことを知りました。
どうも、関東近県では「さされる」が主流みたいですね。
「”犬”にはかまれるけど、”蚊”にはかまれないでしょ!?」とさんざんからかわれたものです^^;

確かに言われてみれば『かまれる』と言うほど大げさなもんじゃない・・ですね。でも小さい時から「蚊」といえば「かまれる」と言ってきたので、どうも「蚊にさされる」とは言えません。
というわけで、実家を離れて十数年経った今でも「蚊にかまれる」と堂々と言っています。

一応通じているからいっかぁ(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenkoutatemono.blog34.fc2.com/tb.php/170-bce2f1b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。