さいたま市の塗装&リフォーム会社のブログ 健康建物スタッフ日誌
暴れる5歳児と2歳児と居心地の良いインテリア。両立させるべくがんばるかーちゃんの記録。


このブログをご覧の皆様へ
お立ち寄りくださいましてありがとうございます。
こちらは、さいたま市にある塗装会社「健康建物/アレス(有)」に勤務するスタッフ個人のブログです。
埼玉県さいたま市及び蕨市・川口市・上尾市・富士見市・朝霞市で外壁塗装をお考えの方、雨漏り補修やリフォーム等、住宅塗装・各種塗替え工事に関するお問い合わせは、「健康建物のホームページ」へご連絡くださいね。地元だからできる決め細やかな対応と誠実な施工で、精一杯心をこめて健康な住まい作りをお手伝いします。お問い合わせをお待ちしてます♪

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オットの実家からいただいた大根を保存しようと思って、古新聞をひっぱり出してきたら、ふと、ある記事が目にとまりました。それは「お客彷徨うトイレ」。

財団法人「日本漢字能力検定協会」が発表した「漢検”変換ミス”コンテスト」の結果の記事でした。
パソコンで文章を打っていると、思わず笑ってしまう誤変換ってありますよね。私、けっこう昔からこの誤変換が好きで、面白い誤変換を集めたサイトにはまってた時期も。
眉間にしわが寄ってしまうような内容の文章を打っていた時に、ふと誤変換。で、ちょっと笑って気分一新。なんてこともよくありました。
新しいパソコンに変えた時などは、最初のうちは大変ですよね。
このへんにお住まいの方なら、「うらわく」と打って「裏枠」となり、あわてて「浦和区」と入力し直した経験、お持ちではないでしょうか。

ところで今回発表されたコンテストの、年間最優秀作品は、
正:「遅れてすいません。回答案です」
誤:「遅れてすいません。怪盗アンデス」
終電間際に会議資料を作り終えた男性が、あせってメールを送信した時の変換ミスで、同僚から「腰の低い怪盗だなあ」と笑われたとか。

他の上位作品はこちら。

正:お客様用トイレ
誤:お客彷徨うトイレ

正:常識力検定を導入してはいかがでしょうか。
誤:上司気力検定を導入してはいかがでしょうか。

正:もうそうするしか方法がなかった
誤:妄想するしか方法がなかった

正:それは会社の方針とのこと、正しいようです。
誤:それは会社の方針とのこと、但し異様です。


そういえば、私は実家の母とよく携帯メールで会話しますが、母もよく誤変換するので、たまに読むのに苦労する時があります。メガネかけないで打っているらしく、誤字+誤変換もちらほら。前後の文脈や母の文章の癖、方言などを思い浮かべて判断する必要がある為、推測力・読解力が鍛えられます・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenkoutatemono.blog34.fc2.com/tb.php/226-f9e64847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。