さいたま市の塗装&リフォーム会社のブログ 健康建物スタッフ日誌
暴れる5歳児と2歳児と居心地の良いインテリア。両立させるべくがんばるかーちゃんの記録。


このブログをご覧の皆様へ
お立ち寄りくださいましてありがとうございます。
こちらは、さいたま市にある塗装会社「健康建物/アレス(有)」に勤務するスタッフ個人のブログです。
埼玉県さいたま市及び蕨市・川口市・上尾市・富士見市・朝霞市で外壁塗装をお考えの方、雨漏り補修やリフォーム等、住宅塗装・各種塗替え工事に関するお問い合わせは、「健康建物のホームページ」へご連絡くださいね。地元だからできる決め細やかな対応と誠実な施工で、精一杯心をこめて健康な住まい作りをお手伝いします。お問い合わせをお待ちしてます♪

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近あまりドラマは見ていなかったのですが「薔薇のない花屋」だけは録画して毎週楽しみにみていました。
ストーリーが進む中で感じた事はたくさんありすぎて書ききれないので、ドラマについての感想はちょっとあっちに置いといて。
ドラマの中で主人公の汐見英治が、お花の生産農家さんへパソコンでメールを送るシーンが何度かありました。その時英治は一文字一文字、丁寧にキーボードを打っていた。メールの最後には『フラワーショップ雫 汐見英治』とカタカタキーを打って。PCにちょっと慣れている人であればメールソフトの機能を使って自動挿入したり適当にコピペしたりして、少しでも時間短縮、無駄な入力は避けるようにするものですが、英治は違った。
それを見て、ちょっとジーンと胸に迫るものがありました。
自分の名前を丁寧に一文字一文字打つこと。
もちろんメールですから、送った相手から見たら、コピペしたものでもキーをたたいて打ち込んだものでも同じ。
でも、本来「署名」というものの持つ意味合いや文章に込める気持ちなどを考え合わせると、最後の署名を丁寧に打つのは、誠実な英治らしくてすごく意味のあることに思えました。

まあサラリーマンである私たちは、普段の業務の中で名前から連絡先までいちいちキー叩いて打ち込んでいられないんですけどね

でもそういう実直な英治の姿を毎週見てきて、今の自分の生活を振り返り、私ももう少し毎日を丁寧に過ごしたいと思った次第でございます。

で。

しばらく手をつけていなかったベランダのお花を整えたくなりました。
さいたま市 ビオラ パンジー ガーデニング 塗装工事

英治が美桜にいくつか贈った花たち。その中のひとつ、パンジーを植えてみました。
ビオラかな?パンジーだっけ?
どちらにしても、今の時期に植え付けるにはちょっと遅いんですけどね^^;


あと、ついでに昨年落ちた種から芽が出て大きくなったビオラやヘデラたちを一鉢に寄せて、コニファーを足してみました。
さいたま市 ビオラ パンジー ガーデニング 塗装工事
んーー。自分で植え込んでおきながら言うのもなんですが、まとまりがイマイチ。
もっと高さあるものとかバランスよく配置すればよいのだろうけど。




でも野生っぽいというか何となく野放図な感じが、これはこれでけっこう好きかも~
もっとワイルドに、好き勝手にどんどんあちこちに伸びてくれ~!
どうせ私はマメにお手入れするのは無理だ~。




嗚呼、丁寧に生きるってけっこう難しい・・

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenkoutatemono.blog34.fc2.com/tb.php/338-e75949a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。