さいたま市の塗装&リフォーム会社のブログ 健康建物スタッフ日誌
暴れる5歳児と2歳児と居心地の良いインテリア。両立させるべくがんばるかーちゃんの記録。


このブログをご覧の皆様へ
お立ち寄りくださいましてありがとうございます。
こちらは、さいたま市にある塗装会社「健康建物/アレス(有)」に勤務するスタッフ個人のブログです。
埼玉県さいたま市及び蕨市・川口市・上尾市・富士見市・朝霞市で外壁塗装をお考えの方、雨漏り補修やリフォーム等、住宅塗装・各種塗替え工事に関するお問い合わせは、「健康建物のホームページ」へご連絡くださいね。地元だからできる決め細やかな対応と誠実な施工で、精一杯心をこめて健康な住まい作りをお手伝いします。お問い合わせをお待ちしてます♪

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さ、いちご、煮上がりました♪                         作ってる様子はこちら
いちご2パックで小さな瓶に3つと、入りきらなかったソースがちょろっと。
埼玉県 さいたま市 苺 イチゴ いちごジャム 作り方 コンフィチュール
「いちごジャム」という表現でいいのかわからない、さらっとした仕上がりです。
フレッシュ苺&ソース、というのがぴったり。
そうそう、最近はよく「コンフィチュール」とも言いますね。オシャレなパン屋さんに置いてあるのはたいていコンフィチュールかしら。何のことはない、「ジャム」をフランス語で「コンフィチュール」と言うのだそう。最近はコンフィチュール専門店もあるそうで。ちなみに長期保存するには糖度が60%以上必要で、フランスでは糖度60%以上をコンフィチュール、50~60%をミ・コンフィ、それ以下のものをコンポートと呼ぶそうです。今回の作ったのは30%。もちろんそのままで長期保存は無理なので冷凍保存しちゃいます。

話は脱線しますが、「コンフィチュール」ってなんとなく「ジャム」よりもオッサレ~っな感じで口に出すのはちょっと気恥ずかしい。

「今日はバター塗る?それともコンフィチュール?」
「んじゃコンフィチュール。」
「あ、ごめん、出してもらっていい?いちごのコンフィチュールは冷蔵庫の上の段に入ってる~。」

んん~~無理
たとえ瓶に「コンフィチュール」とデカデカと書かれてあったとしても、「はい、ジャムどうぞ」と言ってしまうだろう。



ところで、苺を煮た後の密かなお楽しみ・・・それは、これ。
じゃじゃん。
それは「苺ミルク」なのでした。

埼玉県 さいたま市 苺 イチゴ いちごジャム 作り方 コンフィチュール
洗う前のいちごを煮た鍋に牛乳をコップ1杯程度を入れてヘラでかき混ぜると・・・・と~っても美味しい苺ミルクの出来上がり♪
仕事を終えた後の一杯。くぅ~~って感じ。ビールとはまた全然違った美味しさ。(当たり前か)(^^)





いつもは自分で飲み干しちゃうんですが、今日はムスコに飲ませてみると。
コップを手から離そうとせず一気に飲んじゃいました(笑)


次回は多めに苺ミルク作らなきゃ♪
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenkoutatemono.blog34.fc2.com/tb.php/427-a00391a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。