さいたま市の塗装&リフォーム会社のブログ 健康建物スタッフ日誌
暴れる5歳児と2歳児と居心地の良いインテリア。両立させるべくがんばるかーちゃんの記録。


このブログをご覧の皆様へ
お立ち寄りくださいましてありがとうございます。
こちらは、さいたま市にある塗装会社「健康建物/アレス(有)」に勤務するスタッフ個人のブログです。
埼玉県さいたま市及び蕨市・川口市・上尾市・富士見市・朝霞市で外壁塗装をお考えの方、雨漏り補修やリフォーム等、住宅塗装・各種塗替え工事に関するお問い合わせは、「健康建物のホームページ」へご連絡くださいね。地元だからできる決め細やかな対応と誠実な施工で、精一杯心をこめて健康な住まい作りをお手伝いします。お問い合わせをお待ちしてます♪

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日このブログでご紹介している、さいたま市のマンション内装リフォームのシミュレーションの続報です。

北側にある和室はそのままに、6畳のキッチン・6畳洋室・6畳和室の壁を全部取り払う大改造を、コンピュータのシミュレーションを使って家主さんにOKしてもらうまでこぎつけました。
しかしそれでシミュレーションが終了ではありません。
施主の生活スタイルをお伺いし、どんな生活が希望なのか把握し、どうすれば快適に過ごせるか、より具体的な生活動線のシミュレーションを行い、さらに細かいリフォームの設計を行うのです。
(ただし今回は賃貸物件。後々別の方が入居される為、全て施主希望の仕様にできない部分もあります)

施主であるKさんの希望は、ベランダに面した明るい南側で朝目覚めたいということ。
確かに、光には、生体リズムを活性させる働きがあるそうですね。
そのメカニズムは『光が目の網膜に当たると脳にある体内時計の中枢からの指令で大量の副腎皮質ホルモン(ステロイド)が分泌される』のだそうです。ステロイドは脳の細胞を活性化するそうで、よってさわやかな“朝の目覚め”を迎えることができる、ということだそうです。
確かに目覚まし時計の『音』ではなく『光』で目が覚めるって、いいですね。

とまあ、ウンチクは置いといて。
Kさんの奥様は別の理由(冬、冷え切った寝室で寝るのはイヤ、ベランダに面した部屋の方がお布団を干すのが楽で助かる)で、ベランダ側にベッドを置くことは大賛成でした。

かと言って、キッチンや食事をするダイニングスペースからベッドが丸見え、というのも抵抗があります。でもせっかく壁を取り払って広々とさせた空間に、また仕切り壁を付けて寝室を作るのはちょっともったいない。

ということで、当初このような格子状の飾り棚をベッドスペースとリビングの間に造りつけようと計画していました。
さいたま市 健康建物 マンション内装リフォーム 1
↑キッチンからベランダを見たところ
さいたま市 健康建物 マンション内装リフォーム 2
↑ベッド側からリビング・キッチンを見たところ

背板がないので向こうが適度に見えながらベッドは隠しますし、インテリア性にも優れていて、観葉植物やちょっとした小物などを飾っても素敵です。

                      その③へ続く

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
う~ん。あいかわらずすごいですね。

腕を上げてますね。うんうん。

またおくってください。

そうそう! ブログで紹介させてもらいました。アクセス多くなっていますか?
2006/03/15(水) 19:53:34 | URL | しみ~じ~ #-[ 編集]
わぉ
あ、しみ~じ~先生、いつもお世話になっております。
いや、これ、実はリフォームすることが決まった直後の初期の構想時のシミュレーション画像なんです。この後大工さんや電気工事の方と現場確認して、新たにいくつか壁を設置しなくてはいけなくなったりしました。このへんの話もおいおい紹介していくつもりですけど。
これも皆、講習会の後、トイレに行くのを我慢して居残っていろいろ教えてくださったしみ~じ~先生を始め、江川さんたちSHIPの皆様のおかげです。

早速ブログで紹介してくださって、ありがとうございます!後ほどアクセスチェック、してみますね。
2006/03/15(水) 22:35:20 | URL | くにちゃん #IAWzkBoQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenkoutatemono.blog34.fc2.com/tb.php/62-b984191e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。